“しょうにみょうけい”の漢字の書き方と例文
語句割合
少弐妙恵100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すでに太宰府はきのうのうちにちており、少弐妙恵入道以下、あえなく、内山の城で自害し終ッていたということを——である。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
親船とみえる一そうの船上では、さきに太宰府から赤間ヶ関まで、尊氏を迎えに渡っていた筑後ノ入道少弐妙恵(貞経)の子の頼尚が、水案内を勤めて、みよしに立ち
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)