“しょうとういんもじ”の漢字の書き方と例文
語句割合
正当恁麼時100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼はいう、「悉有は仏性なり。悉有の一分を衆生といふ。正当恁麼時は、衆生の内外、すなはち仏性の悉有なり」。ここに道元は「一切衆生悉有仏性」を全然異なった意味に読んでいるのである。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
「無仏性の正当恁麼時、すなはち作仏なり。」
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)