“しょうかくほういん”の漢字の書き方と例文
語句割合
聖覚法印100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
聖覚法印とか、蓮生とか、分別ざかりの人々にも、なお、叡山をはじめ、ほかの歴史あり権威ある旧教の法城が、なんとなく、落莫としてふるわない傾向があるのに、それらの大法団から比べれば
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「法然上人からではございませぬ。——安居院聖覚法印から」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)