“しゅめりょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
主馬寮100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで主馬寮しゅめりょう藤波ふじなみ先生、馬術家の山嶋やましま氏などのお説を聞くと、その頃の乗馬として各産地の長所を取って造ったらどうかという説、これも調べるだけ調べたあげく、この説を採ることにしました。
児太郎の屋敷でも、あぶら引きを済ましておさめられた刀剣類のなかに、児太郎は、主馬寮しゅめりょうにいる父親がするように、十八歳のかれにしては老人くさいような坐り方をして、焼きと光とから玉走る刃がしらの匂いをかいでいた。
お小姓児太郎 (新字新仮名) / 室生犀星(著)