“しゅせきさん”の漢字の書き方と例文
語句割合
酒石酸100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その日はわたくしは役所で死んだ北極熊を剥製はくせいにするかどうかについてひどく仲間と議論をして大へんむしゃくしゃしていましたから、少し気を直すつもりで酒石酸しゅせきさんをつめたい水に入れて呑んでいましたら、ずうっと遠くですきとおった口笛が聞えました。
ポラーノの広場 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
僕が今薬をげよう」と奥に入りて二つのびんを持ち来たり「大原君、医者へ駆け付けたところがこれ以上の薬はないよ。どんな頑固なシャックリでも酒石酸しゅせきさん炭酸曹達たんさんそうだがあれば直ぐ癒る。しかし沸騰酸ふっとうさんのようにして一緒に飲んではいかん。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)