“しゅずみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
朱墨100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは、朱墨しゅずみろす丸硯まるすずりだった。萩の簀戸すどを突き破った硯は、箪笥たんすにぶつかって、彼女の坐っている側におどった。
夕顔の門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お清書の直しに朱墨しゅずみの赤丸が先生の手でつけられてゆくのを見ていると、屏風の絵の寒山拾得かんざんじっとくとおんなじような息吹いぶきをしているように