“しまいゆ”の漢字の書き方と例文
語句割合
仕舞湯100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その晩も冬至の柚湯で仕舞湯に近い濁った湯風呂の隅には、さんざん煮くたれた柚の白い実が腐った綿のようにらしく浮いていた。わたしは気味悪そうにからだを縮めてはいっていた。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)