“しほうでんまさたか”の漢字の書き方と例文
語句割合
四方田政孝100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれどやがて、襖をあけて手をつかえた者は、藤田伝五でもなし、妻木主計でもなかった。側臣のひとり四方田政孝なのである。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
待ちもうけていたように、彼が旅装を解くやいな、一室に彼を囲んで、妻木主計、藤田伝五、並河掃部四方田政孝、三宅藤兵衛、村上和泉守などの人々が
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
光忠が退くと、光秀はすぐ本能寺を引き揚げて来た四方田政孝をその手の大将に補充して
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「明智方の四方田政孝の斥候隊が、近くの村落に出没している——」
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)