“しののめどき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
東明時50.0%
東雲時50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次いで眼を覺されたのが東明時、頓狂な母の聲に呼び起されて見て、私は殆ど眞青になつた。千代はその時既にその床の中に居なかつた。
姉妹 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
ほととぎす東雲時乱声に湖水は白き波立つらしも
晶子鑑賞 (新字旧仮名) / 平野万里(著)