“さんぼんぎり”の漢字の書き方と例文
語句割合
三本錐100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
唖のあなどりがたい力量は、波越八弥と彼とが、二人がかりでも、さんざんに、三本錐さんぼんぎりで傷つけられた覚えがある。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
——男は、野獣のように、体を屈曲して、三本錐さんぼんぎりを自由自在に使い出した。それは、棒にもなり、槍にもなり、どうかすると、手を離れて飛んで来そうにもなる。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)