“さぞさぞ”の漢字の書き方と例文
語句割合
嘸々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平生へいぜいの学問浅薄せんぱくにして、至誠天地を感格する事出来申さず、非常のここに立至り申し候。嘸々さぞさぞ愁傷しゅうしょうも遊ばさるべく拝察つかまつり候。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
猶ほあなた様方も御留守嘸々さぞさぞ御配意と存じ申候。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)