“さしよう”の漢字の書き方と例文
語句割合
瑣小100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は三日の後には退院すべき手筈てはずなりければ、今は全くえて務を執るをも妨げざれど、事のきはめて不慮なると、急激なると、瑣小さしようならざるとに心惑こころまどひのみせられて、病後の身をてこれに当らんはいとくるしかりけるを、尽瘁じんすいして万端を処理しつつ、ひたすら直道の帰京を待てり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)