“さかなりょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
肴料100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ふふん——名刀を手に入れた時は、別に肴料さかなりょうを添えたりなんぞして祝う例はあるから、お前がせっかく掘り出して来たものに対しては、また相当のことはしてやる」
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
大「なんともどうも恐入りました訳でござるしからば折角の思召おぼしめしゆえ此の羽二重だけは頂戴致しますが、只今の身の上では斯様な結構な品をるわけにはとてもまいりません、しかし此のお肴料さかなりょうとおしるしの包は戴く訳にはまいりません」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)