“ごうしゅうじ”の漢字の書き方と例文
語句割合
江州路100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「この街道のほかに、まだ江州路ごうしゅうじへ出る道が、幾すじもありましょうか」
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
武田耕雲斎の同勢が軍装で中仙道なかせんどうを通過し、沿道各所に交戦し、追い追い西上するとのうわさがやかましく京都へ伝えられた時、それを自身に関係ある事だとして直ちに江州路ごうしゅうじへ出張し鎮撫ちんぶに向かいたいよしを朝廷に奏請したのも、京都警衛総督の一橋慶喜であったという。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)