“くわじふ”の漢字の書き方と例文
語句割合
花汁100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで天帝は諸神の会議を召集し、特に鴉片煙劫をはじめることにした。鴉片煙劫とは世間の罌粟の花汁くわじふを借り、熬錬がうれんしてかうと成し、人の吸食に任ずるものである。この煙を食ふものは劫中に在り、この煙を食はざるものは劫中に在らず。
鴉片 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)