“くろどうじん”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒道人100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これにぞ、気を得て、返す刀、列位の黒道人くろどうじん切附きりつけると、がさりと葉尖はさきから崩れて来て、蚊帳を畳んだように落ちる。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)