“くろとりげ”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒鳥毛100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこへ行くと、千段巻せんだんまきのついた黒鳥毛くろとりげやりから、永楽通宝えいらくつうほうの紋じるしまで、はげしい意気込みでやって来た長州人は彦根の人たちといちじるしい対照を見せる。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)