“くろちょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒蝶100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
払った銀二郎、右横に避けながら、たき落としの片手打ち、ただもう一筋の白いひらめきだ。袈裂けさがけ——と見えたが、斬ったのは守人のたもと。時ならぬ黒蝶くろちょうが宙をかすめた。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)