“くろせ”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒瀬100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「思うつぼよ。秀吉以下、主力の出払った虚をついて、楽田の本営、黒瀬くろせとりでなど、片ッぱしより焼きたてて、秀吉を、立往生にさせて打ち取らんは今にあり。——各〻、この忠次について、大功をたて給え」
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)