“きりふさ”の漢字の書き方と例文
語句割合
切塞100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わけては、病身たりとも、がたくり、ふらふらと道わるを自動車にふんぞって来た奴等を、目さえ切塞いだかと驚かれる、が、慈救の橋は、易々と欄干づきで、かな境内へ、通行を許さる。
遺稿:02 遺稿 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)