“きりはなや”の漢字の書き方と例文
語句割合
桐花家100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人は夜ふけの風の涼しさと堀端のさびしさを好い事に戯れながら歩いて新見附を曲り、一口阪の電車通から、三番町横町に折れて、軒燈桐花家とかいた芸者家の門口に立寄った。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)