“きりちゞめ”の漢字の書き方と例文
語句割合
切縮100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
成るく彼れの言葉を切縮させんと思う如く、た感心する如くに「其通り、其通り」と軽く頷首
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)