“きりお”の漢字の書き方と例文
語句割合
切緒100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人の男は紺の脚半切緒草鞋という厳重な足ごしらえで、白襟花色地の法被を着ていた,向う向きの男は後からでよく分らなかッたが、打割羽織を着ていて
初恋 (新字新仮名) / 矢崎嵯峨の舎(著)