“きよはらのすけたね”の漢字の書き方と例文
語句割合
清原助種100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鳥羽院の蝉折とか、小松殿の高野丸とか、清原助種が名をたかくした蛇逃がしの笛とか、ずいぶんの名器もあったらしいが、近ごろの殺伐な世間で、こんな笛を見たことは
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)