“きよしこうじん”の漢字の書き方と例文
語句割合
清荒神100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お師匠さんは乗物が嫌いで、取分け自動車と船とが苦手であったこと。それでも信仰心がくて、毎月廿六日には欠かさず阪急沿線の清荒神参詣したこと。
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)