“きよくぶり”の漢字の書き方と例文
語句割合
曲降100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雲雀より上にやすらふ峠かなと芭蕉が詠みしは此の鳥居峠なり雨は合羽よりまくり上げに降る此曲降
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)