“きよくぜん”の漢字の書き方と例文
語句割合
棘然100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼をして棘然として顛倒せしめ、に彼をして始めて己れの存立の実なると天地万有の実なるとを覚知せしめたり。
心機妙変を論ず (新字旧仮名) / 北村透谷(著)