“きようじゆつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
矜恤100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わがこれに對する情をば、いかなる詞もて寫し出すべきか、われは神と相向へり。神の聲は彼火坑より發して直ちに我耳に響けり。神の威力、智慧、矜恤、愛憐は我胸に徹したり。