“きょだいかん”の漢字の書き方と例文
語句割合
巨大漢100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その外には詰襟の制服にしい制帽を被った巨大漢と、もう一人背広を着た雑誌記者らしいのとが肩を並べて立っていた。
(新字新仮名) / 海野十三(著)