“きょくびき”の漢字の書き方と例文
語句割合
曲弾100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
誰一人この辺鄙な小石川の高台にもかつては一般の住民が踊の名人坂東美津江のいた事を土地の誇となしまた寄席曲弾
伝通院 (新字新仮名) / 永井荷風(著)