“きょくしゃ”の漢字の書き方と例文
語句割合
極写100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
国芳は武者奮闘の戦場を描き美麗なる甲冑槍剣旌旗の紛雑を極写して人目を眩惑せしめぬ。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)