“きょくうず”の漢字の書き方と例文
語句割合
極渦100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大循環でいちばんこわいのはこの時なんだよ、この僕たちのまわるもっと中の方に極渦といって大きながあるんだ。その環にはいったらもう仲々出られない。
風野又三郎 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)