“きょうぼうむざん”の漢字の書き方と例文
語句割合
凶暴無慚100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一同は驚愕危懼の念にあおくなった。七人の凶暴無慚の悪漢が、いまこの島を徘徊している。かれらは人を殺すことは草をきるよりもよういに思う者どもである。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)