“きょうちん”の漢字の書き方と例文
語句割合
鞏珍100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明史外国伝西南方のやゝなるは、鄭和に随行したる鞏珍の著わせる西洋番国志を採りたるにづくという。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)