“きょうた”の漢字の書き方と例文
語句割合
侠太100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に対してさえ、毎月若干の手当てを送るに至りけるが、夫婦相思の情は日一日に増して、彼がしばしば出京することのあればにや、次男侠太誕生間もなく、親族の者より
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)