“きゅうせんてん”の漢字の書き方と例文
語句割合
急旋転100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青軍危急を救うべく、敵前て危険きわまる低空の急旋転を行いたるところ、折柄洋上には密雲のために陽光暗く、加うるに霧やや濃く、僚機との連絡至難となり
恐しき通夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)