“きゅうじょいん”の漢字の書き方と例文
語句割合
救助員100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もうわたしの正気はわれかけていた。ちょうどきわどいところであった。けれどまだ運ばれて行くという意識だけはあった。わたしは救助員たちが水をくぐって出て行ったあとで、毛布まれた。