“きゅうじやく”の漢字の書き方と例文
語句割合
給仕役100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
城内で給仕役を勤めるそれらの茶坊主までが、大名からもらうのを誇りとしていた縮緬羽織も捨て、短い脇差も捨て、長い脇差を腰にぶちこみながら歩くというだけにも
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)