“きやりうた”の漢字の書き方と例文
語句割合
木遣歌100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伊賀阿山郡の木遣歌に、牛の上歯に駒の角、師走寒茄、山の上なる蛤やとある通り、馬の角をないにった物としたので、支那でも燕太子丹、秦に人質だった時、燕に帰らんと請うと