“きやはんわらぢ”の漢字の書き方と例文
語句割合
脚絆草鞋100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
脚絆草鞋で寄宿舎へやつて来る父を嫌つたをり父が、オレで悪いといふのか、オレでは人様の手前が恥づかしいといふのか、われもオレの子ぢやないか、と腹を立てた時のやうに
途上 (新字旧仮名) / 嘉村礒多(著)