“きやうなん”の漢字の書き方と例文
語句割合
郷南100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伊沢氏の家乗に森川宿とあるのは、恐くは与力斧太郎が家であらう。所謂郷南何処なるかは未だ考へない。天明寛政の間に豊洲は二十四歳より四十三歳に至つたのである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)