“きやうちよくしやう”の漢字の書き方と例文
語句割合
強直症100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の二丁もいで来ると、雪を欺く霜の朝でも、汗が満身に流れる。鼻息は暴風の如く、心臓は早鐘をたゝく様に、脊髄から後頭部にかけ強直症にでもかゝつた様に一種異様の熱気がさす。
水汲み (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)