“きやうたく”の漢字の書き方と例文
語句割合
薌澤100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてその酸き味のあとに舌に觸れる一種の薌澤に邂逅して、忽然として疇昔の情を囘想したのである。
すかんぽ (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)