“きむらとみこ”の漢字の書き方と例文
語句割合
木村富子100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昭和三年二月木村富子女史が拙著『すみだ川』を潤色して戯曲となしこれを本郷座の舞台にした。その時重なる人物にした俳優は市川寿美蔵市川松蔦大谷友右衛門市川紅若その他である。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)