“きむらだうあん”の漢字の書き方と例文
語句割合
木村道庵100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
んと思ひ日夜工夫なし居たりしが茲に甚兵衞は先頃より日雇などにはれし南茅場町の木村道庵と云醫師あり獨身なれども大の吝嗇者ゆゑ小金を持て居るよしを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)