“きみょうけいしゅ”の漢字の書き方と例文
語句割合
帰命稽首100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「一紙半銭の奉財のともがらは、この世にては無比のにほこり、当来にては数千蓮華の上に坐せん、帰命稽首ってす」
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)