“きみた”の漢字の書き方と例文
語句割合
君為100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
少くとも、最後の一刻を除いて、修理に対する彼の忠心は、終始変らないものと信じていた。「君為らざれば、臣臣為らず」——これは孟子の「道」だったばかりではない。
忠義 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)