“きみじかてあい”の漢字の書き方と例文
語句割合
気短徒100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
七面倒な、こうすべい、と荒稼ぎの気短徒じゃ。お前様、かがりの縄の先を、嘉吉が胴中へ附けて、車の輪に障らぬまでに、横づけに縛りました。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)