“きみあき”の漢字の書き方と例文
語句割合
公明100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
万里小路宣房、三条公明、藤原ノ藤房、二条道平、北畠顕房、吉田ノ大納言定房まで——およそ今上をめぐる上卿という上卿は、このほか、余すなく中殿の東西に居ながれた。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)