“きままきずい”の漢字の書き方と例文
語句割合
気儘気随100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その日その日を遊侠のしたい三昧、身に勝ちすぎた非望に苦艱いたすより、気儘気随の世渡りこそ、太く短かく面白しと浮世を悟り候てより、流るる歳月を知らず、自棄酒の味も忘れかねつつ
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)